「LayerX Labs」は、2020年8月に設立され「経済活動のデジタル化」に向けて、技術開発及び技術の社会実装に長期的な目線で取り組む、LayerXの研究開発組織です。「デジタル通貨」と「スマートシティ」、そして「パブリックブロックチェーン」の3つを主要テーマに据え、行政・各国中央銀行・大学・民間企業と連携しながら、ブロックチェーン等の技術の実用化にむけた研究開発を推進しています。

THEME

LayerX Labsが注力する3つの研究開発テーマ

デジタル通貨・決済

CBDCを始めとするデジタル通貨・決済の普及に備え、その利便性と安全性双方の向上に資するソリューションを追求していきます。

スマートシティ

スマートシティの肝となる複数の企業や組織間のデータの共有や、プライバシー保護と個人情報の活用の両立のため、秘匿化・匿名化技術の研究開発を推進していきます。

パブリックブロックチェーン

Ethereum のプロトコルアップグレードプロジェクト 「Ethereum 2.0」を始めとしたパブリックブロックチェーン開発に貢献し、スケーラビリティやセキュリティなどの重要課題に取り組みます。