日本初!LayerX、CBC Casper研究が評価され、Ethereum Foundation Grants Programに採択

2019.10.15

 株式会社LayerX(本社:東京都中央区 代表取締役 社長:福島良典、以下 LayerX)は、CBC Casperの研究を評価いただきEthereum Fundationが運営するEthereum Foundation Grants Programの対象企業に選定されましたことをお知らせします。Ethereum Foundation Grants Programの日本チーム採択は、LayerXが日本で初めての事例となります。

 

Ethereum Foundation Grants Proglamとは
Ethereum Fundationが運営するEthereum Foundation Grants Programは、Ethereumに関わる研究や開発に携わるチームを対象とした助成金事業です。2019年度に$30,000,000を助成すると表明し、世界中のチームを支援しています。
今回、LayerXは日本拠点のチームとして初めてEthereum Foundation Grants Programの対象企業に選出いただきました。
助成金の用途に関して、
1. CBC Casperの将来的なEthereumへの導入に向けた理論的研究および
2. 日本国内のEthereum研究コミュニティの活性化
に邁進いたします。

 

 

CBC Casperとは
CBC Casperとは、Ethereumコミュニティで提案された合意形成プロトコル及びそれをベースにしたProof of Sake (PoS) プロトコルで、Ethereum共同創業者のVitalik Buterin氏をはじめ様々な研究者がEthereumへの将来的な導入を期待しています。攻撃耐性、効率性、インセンティブ設計、柔軟性など様々な点で従来の提案を上回ると期待される一方、未だ課題の多いプロトコルです。
LayerXは、2018年12月よりCBC Casperの研究に取り組んでおります。論文「Refinement and Verification of CBC Casper」※1をスイスのCrypto Valley Conference 2019やシドニーのEDCON2019で発表するなど、研究成果を還元して参りました。

 

 

■LayerX  R&D エンジニア/ CBC Casperのコアリサーチャー 中村龍矢のコメント

「Ethereumのエコシステムに多大な貢献をしてきた他のチームと並んで、今回Grants Programに採択いただけたことは大変光栄です。私はコンセンサスアルゴリズムやPoSの研究は5, 10年後の将来のためだけではなく、たくさんの人の資産を預かる今日・明日のブロックチェーンのための研究だと思っており、その中でもとりわけ大きなポテンシャルを秘めるCBC Casperの研究を通して、ブロックチェーンによる社会課題の解決の一助を担いたいです。」

 

 

LayerXは今後も、行動指針の一つである「Bet Technology」を実践し、ブロックチェーンの技術発展に貢献して参ります。

※1:「Refinement and Verification of CBC Casper」https://eprint.iacr.org/2019/415.pd

新着記事

このページのトップへ