ブロックチェーンに関する国内・海外先進トピックを紹介する「LayerX Newsletter」の分野別クリップ集を公開 ー200超の主要ニュースを規制動向やデジタル通貨、電子契約、サプライチェーン等12テーマに分けてLayerXリサーチャー陣が解説ー

2020.7.16

ブロックチェーン技術等のテクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典、以下 当社)は、ブロックチェーンに関する国内外の先進トピックを紹介する「LayerX Newsletter」のうち2019年4月〜2020年5月にかけて紹介したニュース(Biz編)を、規制動向やデジタル通貨、電子契約、サプライチェーン等、12のテーマに分類した分野別クリップ集(Biz編)を公開しました。なお、今後Tech編も公開予定です。

 

クリップ集はこちらで公開しています。
[分野別クリップ集(Biz編)]https://layerx.co.jp/publications/nl_biz_2020/

 

■クリップ集公開の背景
ブロックチェーンの社会実装に向けた動きは加速しており、国内外で日々様々な取り組みが進行しています。当社はブロックチェーンの実用化を目指す国内の事業担当者等の情報収集コストを下げるとともに、業界のさらなる発展に資することを目的に、ブロックチェーン領域における国内外の主要ニュースを紹介するニュースレター「LayerX Newsletter」をBiz編とTech編に分けて毎週配信しています。
一方で配信するニュースレターはビジネス面、技術面さらに法規制面も含め多岐にわたるため、特定の領域に絞った調査・研究を容易にし、ビジネスに役立てていただくことを目的に、一定期間のニュース(Biz編)を計12のテーマに分類し、分野別クリップ集として公開しました。

 

■ニュースレター執筆者代表コメント
畑島 崇宏(シニアマネージャー、LayerX Newsletter編集長)
ニュースレターの発行開始から、購読者の増加にも支えられながら、早一年余が経過しました。日々新たに立ち現れるニューストピックに触れるなかで、これをフローとして処理するだけでなく、ストックとして蓄積することを試みたのが、今回の分野別クリップ集です。
ブロックチェーンは社会課題を解決するための手段の一つであり、その用途について2018年までは手探りが続いていましたが、この1年ほどの間、世界中の企業や政府などが実証・商用化の取組を重ねる中で、有用なユースケースが一気に確立されてきたと考えています。
本クリップ集の公開を通じて、「今ブロックチェーン領域における応用はどのような方向へ進んでいるのか」「それはどのような課題解決に寄与し、どのような価値をもたらすものなのか」について、読者の皆さまが今一度立ち止まって俯瞰いただくとともに、各分野における取組検討にむけた示唆となり、我が国における社会実装が加速することを願って止みません。

 

■ LayerX 採用情報
「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの実現に向け、ソフトウェアエンジニア、事業開発責任者を積極的に採用しています。ブロックチェーン技術を始めとした先端テクノロジーの社会実装に興味をお持ちの方、また、あらゆる産業で加速する「デジタル化」による社会の変化に携わりたいマインドをお持ちの方、以下フォームよりエントリーをお待ちしています。

[ソフトウェアエンジニア]https://herp.careers/v1/layerx/0FJZbrQ4IvF3
[事業開発責任者]https://herp.careers/v1/layerx/ZA9piCXf5Qui

 

■ LayerX Newsletter
LayerXでは毎週「LayerX Newsletter(Biz編、Tech編)」を発行しています。金融機関・製造業・官公庁・SI・コンサルティングファーム・スタートアップなど幅広い読者層にお読みいただいています。各Newsletter末尾にある登録欄にメールアドレスを入れるだけで自動購読いただけます。
https://layerxnews.substack.com/

[Biz編]ビジネス編は、社会のデジタル化の動向を始めとし、デジタル金融・デジタルサプライチェーンの動きや、それらに関係してくる世界の規制当局のトピック等を紹介しています。また、海外ソースをベースに、最新のレポートやホワイトペーパーについて概要を紹介しています。
[Tech編]テクノロジー編は、特定のプラットフォームに依存しない中立的な観点から、動向をフォローするとともに、一部の記事は国際学会・カンファレンスに論文を通すなどしているLayerXのR&Dチーム担当のもと、最先端のトピックについて解説を行なっています。

 

■ 株式会社LayerXについて
「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、ブロックチェーン技術を軸として、金融領域を始めたとした様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会を実現して参ります。

[設立]2018年8月
[代表者名]代表取締役CEO 福島良典
[資本金]31億円(資本準備金含む)
[事業内容]経済活動をデジタル化する支援全般(DX事業)、ブロックチェーン技術を活用した事業開発、ソフトウェア開発、R&D
[コーポレートサイト]https://layerx.co.jp/

 

■本件のお問い合わせ
pr@layerx.co.jp(担当:石黒・木村)

ダウンロード

新着記事

このページのトップへ