独自の分析フレームワーク「LEAF」に基づく エンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート-基本編-を公開

2020.6.30

LayerXはグローバルで代表的なエンタープライズ向けブロックチェーン基盤であるCorda、Hyperledger Fabric、 Quorumについての分析結果を、当社独自のブロックチェーン基盤分析フレームワークである「LayerX Enterprise blockchain Analysis Framework(LEAF/リーフ)」とともに公開しました。今後計三回に分けて、基本編、プライバシー編、インターオペラビリティ編を公開していきます。

■LEAF公開の背景
ブロックチェーンのエンタープライズにおけるユースケースは急速に増加しています。具体的には複数組織間をまたがるデータ共有基盤としてのブロックチェーンの利用が進展しており、証券決済、サプライチェーン・ファイナンスクロスボーダー決済、トレーサビリティ等、国内外で多くの商用化事例が存在しています。ブロックチェーン基盤は基盤ごとに設計思想が大きく異なり、技術特性もそれに応じて変わってくるため、各基盤で充足可能なセキュリティ要件、適性のあるユースケース、プライバシーの要件、インターオペラビリティ*実現の難易度が異なります。そこで当社独自のブロックチェーン基盤分析フレームワークであるLEAFを公開し、ユースケースに応じた基盤検討を行なう際の観点を明確化するとともに、各基盤の検討負荷を軽減し、ブロックチェーンの円滑な社会実装の推進に資することを目指します。また当社はオープンソースソフトウェアや先行するパブリックレポートなど、ブロックチェーンのコミュニティに蓄積されて来た優れた知見に基づきR&D活動に注力しており、LEAFの公開を通じて中長期的にブロックチェーンコミュニティに貢献することを志向しています。

* 複数の異なるブロックチェーン間を接続する際に相互にデータを交換できること

■LEAF 基本編の概要
LEAFの基本編では、ブロックチェーンの複数組織間でのデータ共有を行なうソフトウェアとしての側面に注目し、Corda, Hyperledger Fabric, Quorumという基本設計の異なるブロックチェーン基盤の状態データ複製のプロセスを、トランザクションが作成されてから状態データが更新されるまでのトランザクションフローの各フェーズ(1. トランザクションの作成、2. コンセンサス、3. 配布、4. 解釈・検証、5. 更新)に分類し、それぞれのフェーズでどのような状態データ書き換えロジック・検証ロジックが実行されるか、各ノードがどのようなデータを受信し永続化するか、それらがセキュリティやアプリケーションの実装にどう影響するかを整理し、各基盤の技術的特性の分析を行っています。LEAF 基本編で提案するトランザクションフローの分析はCorda, Hyperledger Fabric, Quorum以外のブロックチェーン基盤にも応用可能です。

■執筆者代表コメント
三津澤将司(リードエンジニア)
LayerXでは多様な領域で、経済活動のデジタル化にまつわるユースケース実装の設計・実装を行っており、その過程で各基盤の技術的特性、ユースケースに対する適正を検討してまいりました。LEAFを公開することでコミュニティの皆様の基盤検討や各基盤の改善の一助となり、ユースケースの実装を念頭においた設計・実装の議論を活発化させることができれば幸いです。

ダウンロード

資料をダウンロードしていだだくには、下記のフォームにご入力の上、送信ボタンを押してください。※Cookieの取得を無効にしているとダウンロードできない場合があります。

お名前を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
ダウンロードの目的を入力してください

プライバシーポリシーをご確認の上、個人情報の取り扱いについて同意の上、チェックしてください

プライバシーポリシーへの同意が必要です
このページのトップへ